先手の藤井システム[4]


Top 前の章へ



引き続き本章でも先手藤井システム▲4七銀型の解説をします。


「図1」


「図1」は前章「図1」と同一局面、先手が▲4七銀と上がった所です。

「図1」から「図2」までの手順

▽7四歩  ▲2五桂  ▽4二角  ▲4五歩
▽8六歩  ▲同 歩  ▽2四歩  ▲6四歩
▽同 歩  ▲4四歩  ▽同 銀  ▲4五歩
▽5五銀  ▲5六歩  ▽2五歩  ▲5五歩
▽7三桂  ▲3五歩  ▽6五桂  ▲6六角
▽8六飛  ▲8八歩
「図2」


前章「図4」までの手順では▲2五桂と跳ねられた時に▽5一角から▽7三角と 反撃を狙いましたが、▲2五桂に▽4二角と引いて6筋に利かせ再度の▲4五歩に ▽5五銀と出て、この銀を犠牲に2五の桂を取り切り▽7三桂から▽6五桂と 活用して来る手段が有ります。しかし以下▲8八歩となった「図2」では難しい 局面とは言え先手の玉は中央に纏まっているのに比べ、後手陣は薄く 勝ちにくい形勢と言えます。

「図1」から「図3」までの手順

▽2四歩  ▲2六歩  ▽1二香  ▲2五歩
▽1一玉  ▲2四歩  ▽2二銀  ▲5六銀左
▽2四角  ▲4五歩  ▽2三歩

「図3」




▲4七銀と先手が藤井システムの攻撃型を組んだ時に▽2四歩で▲2五桂と 跳ねられる手を防ぐのが、知らないと指しづらい手ですが現在最も有力な 手段となっています。先手は当然▲2六歩から▲2五歩と仕掛けて来ますが かまわず▽1二香から▽1一玉と穴熊に入り▲2四歩と取り込まれても ▽2二銀とハッチを閉め▽以下2三歩まで蓋をして穴熊が完成となります。

「図3」から「図4」までの手順

▲3五歩  ▽同 角  ▲4八金上 ▽4五歩
▲同 銀  ▽4四歩  ▲3三歩

「図4」




「図3」からは難解でいろいろ指し方は有りますが、▲3五歩の突き捨てから 「図4」の▲3三歩は見事に技有りで、これに後手がどう応じても先手が優勢です。

「図3」から「図5」までの手順

▲3五歩  ▽同 角  ▲4八金上 ▽7四歩
▲6四歩  ▽同 歩  ▲3六銀  ▽8六歩
▲同 歩  ▽2四角  ▲4四歩  ▽同 銀
▲1四歩  ▽同 歩  ▲1三歩  ▽同 香
▲1五歩  ▽同 歩  ▲1四歩  ▽同 香
▲2五銀  ▽5五歩  ▲4七銀  ▽4六歩
▲3八銀  ▽7五歩

「図5」




▲3五歩 ▽同角に一旦桂が跳ねた後の王手の筋を消して▲4八金上に▽4五歩と 不用意に取るのは先手の術中に嵌るので▽7四歩と攻勢を見せ、先手も後手の玉頭である 1筋の端攻めと攻め合いとなりますが、▽7五歩と突いた局面は難解ながら後手の 指し易い形勢と言えます。


Top ページの先頭へ 前の章へ