先手の藤井システム[2]


Top 前の章へ 次の章へ



前章に続き先手の藤井システムの攻防をご紹介します。


「図1」


「図1」は前章「図4」と同一局面、▲7七同桂と角を取った所です。

「図1」から「図2」までの手順

▽4四銀  ▲6四歩  ▽8六歩  ▲6三歩成
▽8七歩成 ▲5三と  ▽7七と  ▲6三飛成
▽5三銀  ▲同桂成  ▽同 金  ▲同 龍
▽4七歩  ▲8三歩  ▽同 飛  ▲8四歩
▽同 飛  ▲6六角  ▽5五桂  ▲8四角
▽6七桂打 ▲同 銀  ▽同 と

「図2」


▽4四銀と5三の銀取りをかわして動いた瞬間先手が▲6四歩と捌きに 出ますがかまわず後手も▽8六歩と突き、激しい攻め合いになります。 5三の応酬で▲同龍の時に▽4七歩として後手が有利と言われていた 局面になります。この手に▲8三歩から▲6六角と王手飛車取りを 掛けますが以下「図2」まで逆に▽8六角の王手龍取りのお返しも 生じていて確かに後手有利となります。しかし。

「図1」から「図3」までの手順

▽4四銀  ▲6四歩  ▽8六歩  ▲6三歩成
▽8七歩成 ▲5三と  ▽7七と  ▲6三飛成
▽5三銀  ▲同桂成  ▽同 金  ▲同 龍
▽4七歩  ▲8三歩  ▽同 飛  ▲8六歩
▽同 飛  ▲4七銀引


「図3」




「図1」から同一手順で45手目に▽4七歩と打たれた時に▲8三歩と叩き 飛車の守備を二段目から外した後に▲8六歩と打つのが妙手で、これを▽同飛と 取らせて▲4七銀と歩を払われると4八から玉を囲いに入る手が有り先手が 指し易い局面に変わるのです。

「図1」から「図4」までの手順

▽8六歩  ▲5三桂成 ▽同 金  ▲7一角
▽8七歩成 ▲8二角成 ▽7七と  ▲6六飛
▽7四桂  ▲6九飛  ▽7八と  ▲6七飛
▽7七と  ▲同 飛  ▽8六角  ▲4八玉
▽7七角成 ▲7一馬  ▽4三金寄 ▲3九玉

「図4」




銀取りに▽4四銀と逃げず▽8六歩と突く手も有り、銀が5三に居ては ▲6四歩から突破する手が無いので▲5三桂成から▲7一角と攻めます。 後手も▽8七歩成と、お互いに強く応酬しますが「図4」まで形勢不明で これからの将棋となります。この他にも▽4五歩と突く前に▽8六歩と 突き捨てるなど変化は有りますが、いずれも難解な将棋となります。



Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ