対四間飛車左美濃[2]


Top 前の章へ 次の章へ
 本章では、左美濃から先手が151章152章で解説したような▲4六銀右型の 攻撃手段に出る変化を御紹介します。

「図1」


 「図1」は前章「図1」と同一局面、先手が▲5七銀と上がった所です。

「図1」から「図2」までの手順

△4三銀 ▲3六歩 △8二玉  ▲2五歩
△3三角 ▲8六歩 △5二金左 ▲8七玉
△6四歩 ▲7八銀 △7四歩  ▲4六銀

「図2」


 「図1」で▽4三銀と予め角頭の防備を固めておく手は、此処まで何度も登場した 四間飛車側の定番形ですが、これには▲3六歩と右銀急戦を匂わせてから▲8六歩と突き 左美濃に囲う手段が有ります。そして天守閣型から▲4六銀と出て「図2」となります。

「図2」から「図3」までの手順

△3二銀 ▲5五銀 △6三銀 ▲7九角
△5四歩 ▲6六銀 △4三銀 ▲7七銀引
△2二飛▲6六歩

「図3」



 当然の事ですが、▲4六銀型の攻撃は後手が▽4三銀と上がった形で無いと▽4五歩と 突かれて成立しません。そこで▽3ニ銀と戻る手が考えられますが、これには▲5五銀と 出る手が有力で、以下「図3」では後手陣を撹乱して前章「図3」のような4枚美濃の 理想形を構築出来る先手が有利な局面です。手順中▲5五銀に▽6三金と形良く受けると ▲7九角と引き角にされた時に困ります。変化は有りますが▽3ニ銀には▲5五銀から 玉側に銀を戻し、陣形を固めれば先手は不満の無い陣形が敷けるでしょう。

「図2」から「図4」までの手順

△5四歩 ▲3五歩 △3二飛 ▲3四歩
△同 銀 ▲3八飛 △4五歩 ▲3三角成
△同 飛 ▲5七銀 △4三銀 ▲3三飛成
△同 桂 ▲3四歩 △同 銀 ▲3一飛
△4三銀 ▲1一飛成 △2七飛

「図4」



 ▲3五歩に▽3ニ飛と回る変化は、通常の▲4六銀型でも定番の変化と言えますが、陣形に 差の有る▲5七銀右型或いは▲5七銀左型と違い、玉の固さが同等以上の左美濃では互角に 捌き合えば十分と言えます。「図4」は先手が通常急戦型の船囲いなら後手が優勢ですが、 この局面では形勢不明です。しかし実戦では、終盤で▲8七玉型が意外に最後で功を奏し、 横からの寄せ合いだと一手勝ちとなる事が多く、これも振り飛車側を悩ませる要因なのです。

攻め好きな方には、この急戦型も魅力の有る形と言えますが、左美濃としては前章のような 4枚美濃など玉を固めて行く持久戦策の方が主力で、振り飛車側にも脅威と言えるでしょう。 玉頭位取りのように組み上げる前に、急戦されて完成に苦労する事も無く、振り飛車に負けない 陣形を組み上げる事が出来て、しかも居飛車側の方が攻めに出易い為、一時期は対振り飛車の 勝率も非常に高い戦法でした。しかしこの左美濃採用を激減させる必殺戦法が現れるのです。


Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ