鳥刺し戦法[2]


Top 前の章へ 次の章へ
 本章では先手の鳥刺し戦法に後手が、角頭の守備を固めて対抗する変化を解説します。

「図1」


 「図1」は前章「図1」と同一局面、先手が角頭に狙いをつけ▲3六歩と突いた所です。

「図1」から「図2」までの手順

▽4三銀  ▲4六銀 ▽8二玉 ▲3五歩
▽3二飛  ▲3八飛 ▽4二角 ▲7六歩
▽1二香  ▲3四歩 ▽同 銀 ▲2四歩
▽同 歩  ▲2二歩 ▽4三銀 ▲2一歩成
▽3八飛成 ▲同 金

「図2」


 「図1」で▽4三銀と、予め角頭に備えた場合は▲4六銀と上がってから▲3五歩と 突きます。▽3二飛の迎撃手に▲3八飛と回って後手の応手を伺いますが、この手に ▽4ニ角と引いてきた場合は、▲7六歩と角道を開き通常の位置から角を使います。 以下「図2」まで、変化は有りますが先手有利な形勢となります。手順中▲2ニ歩に 後手が▽4三銀と引き、飛車交換を迫る手に、放っておいて▲2一歩成と出来るのも 4九の金が飛車に紐をつけているからです。また飛車交換後の後手からの飛車の 打ち込みにも強い形となっています。

「図1」から「図3」までの手順

▽4三銀  ▲4六銀 ▽8二玉 ▲3五歩
▽3二飛  ▲3八飛 ▽2二角 ▲7九角
▽5二金左 ▲2四歩 ▽同 歩 ▲3四歩
▽同 銀  ▲同 飛 ▽同 飛 ▲2三銀

「図3」



 ▲3八飛に▽2ニ角と引かれた場合には、▲7九角と引き角で対抗します。▲7六歩と 角道を開けると今度は▽4五歩と捌かれる手が生じて拙いのです。以下激しい攻めで 「図3」まで、先手が指し易い局面となります。急戦型で通常このような強襲は 振飛車側の方が歓迎の筈なのですが、やはり低い陣形が形勢に影響しているのです。

「図1」から「図4」までの手順

▽4三銀 ▲4六銀 ▽3二金 ▲7九角
▽4一飛 ▲3五歩 ▽5一角 ▲3四歩
▽同 銀 ▲3五銀 ▽同 銀 ▲同 角

「図4」



 ▽4三銀から▽3ニ金は、対▲4六銀急戦型には今まで絶対の守備力を誇る 四間飛車側の手段なのですが、鳥刺しにはこの最強防御さえも通用しません。 角道を開けずに▲7九角と引かれた形では▽4五歩と突いても▲同銀と取られ、 その後▲3五歩 ▽同歩 ▲同角で銀は死なず単に一歩損になるだけだからです そこで▽4一飛、▽5一角と徹底防御の姿勢に出ますが、以下「図4」まで 銀交換し、角を捌いた先手に不満の無い形勢です。

鳥刺し戦法は駒組みが簡単で手数も掛からないのと、相手が四間飛車以外の振り飛車でも 同様に採用する事が可能なので、振り飛車専門の相手に一度試されると良いと思います。

以上4章に渡り2つの対四間飛車変幻戦法を見て頂きましたが、初手を▲4八銀から 入れば、どちらの戦法にも行けるので使い分ける事も出来るでしょう。 ただしこの手順は一般の定跡書での鳥刺しとは違っています。通常は初手▲2六歩で、 ▽3四歩に▲2五歩と突いてから▲4八銀と言う手順ですが、これですと後手に▽8四歩と 途中で突かれた場合にどうも先手の動きが難しいので、初手▲4八銀からで解説致しました。 しかし2手目に▽8四歩とされると通常型より、損である事は180章でも述べた通りです。

それでも相手があまり居飛車は得意で無いと言う振り飛車党なら、居飛車にさせただけで 有利と言う考え方も有るかと思います。




Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ