鳥刺し戦法[1]


Top 前の章へ 次の章へ
 本章では対四間飛車の有力作戦として前章のかまいたちとは逆に、今度は角道を 開けないで闘う鳥刺し戦法を御紹介します。この戦法も同様に相手が振り飛車の 時にしか使えない変幻作戦です。

「図1」までの手順

▲4八銀 ▽3四歩 ▲5六歩 ▽3二銀 ▲2六歩 ▽4四歩
▲2五歩 ▽3三角 ▲6八銀 ▽4二飛 ▲5七銀左 ▽6二玉
▲6八玉 ▽7二銀 ▲7八玉 ▽7一玉 ▲3六歩

「図1」


 初手いきなり▲4八銀から入るのは、後手が▽8四歩と居飛車に来た場合の対処です。 ▲4八銀〜▲2六歩までの手に対し、後手から▽8四歩とされたらその時点で、常に ▲7六歩と角道を開け相居飛車型に対応するようにします。▽4四歩には▲2五歩と突き ▽3三角と受けるか▽3三銀と受けるかを見て、▽3三銀なら▲7六歩で、やはり普通に 矢倉などを目指します。次の▲6八銀も同様に▽8四歩なら▲7六歩から▲7七銀として 8筋を受ける為の警戒手です。後手が▽4四歩の所で▽4ニ飛と先に振って来たら、 ▲2五歩 ▽3三角とした後▲6八玉でも問題は無くなります。こうして完全に相手が 振り飛車である事を見届けてから本戦法は採用しないと、思った以上に指し難くして しまうので、冒頭から詳しく解説致しました。

▲3六歩と突き、「図1」となった局面は未完成の▲5七銀左型に見えますが、なんと 鳥刺し戦法はこれで攻撃準備完了なのです。「図1」までの手順中もう1つ注意する事は 途中で後手から▽9四歩と突かれても▲9六歩と端を受けてはいけないと言う事です。 上部が塞がっているので、中終盤で端から攻められると形勢を損じる可能性が高いからです。

「図1」から「図2」までの手順

▽8ニ玉 ▲3五歩 ▽同 歩 ▲4六銀
▽3六歩 ▲3五銀 ▽4五歩 ▲7九角
▽4三銀 ▲2四歩 ▽同 歩 ▲同 銀
▽4四角 ▲3五銀

「図2」


 「図1」で▽8ニ玉とするのは、普通は対居飛車急戦の備えとして当然の手なのですが、 この局面では拙いのです。▲3五歩とナナメ棒銀を仕掛けられると、一見中途半端な 未完成型に見えた4九のままの金と、開けられていない角道が四間飛車側の▽3六歩 突き越しの常套手段による捌きを完全に封じてしまい、「図2」では先手勝勢と言っても 良い局面となります。▲7九角と引き角にしてナナメ棒銀を後方からサポートする形が 昔の鳥刺しの姿に似ている所から命名された戦法です。

「図1」から「図3」までの手順

▽8ニ玉  ▲3五歩  ▽4三銀  ▲3八飛
▽3五歩  ▲4六銀  ▽3四銀  ▲7九角
▽4五歩  ▲3五銀  ▽同 銀  ▲同 角
▽5二金左 ▲3四歩  ▽4四角  ▲同 角
▽同 飛  ▲2二角  ▽5四飛  ▲5九金右
▽5六飛  ▲3三歩成 ▽2六飛  ▲4二と
▽同 金  ▲3一飛成 ▽5二金寄 ▲3七桂

「図3」



 ▲3五歩に▽同歩と取るのは、そのあと捌く事が出来ないので▽4三銀と角頭を守りますが、 これには▲3八飛と回り▽3五歩に▲4六銀、▽3四銀に▲7九角と引いてから以下 銀交換で「図3」まで、やはり先手が指し易い形勢です。手順中で▲5九金右と金を寄せて おくのが好手で、後手からの▽2七角打ちに備え、飛車成りにも非常に強い形となります。 「図1」で▽8ニ玉と上がるのは▲3五歩と仕掛けた時点で先手有利と言えます。

「図1」から「図4」までの手順

▽4五歩  ▲3七桂 ▽8ニ玉 ▲7九角
▽5二金左 ▲6六銀 ▽4一飛 ▲2四歩
▽同 歩  ▲同 角 ▽4四角 ▲5五銀
▽2三歩  ▲4四銀 ▽2四歩 ▲2二角

「図4」



 四間飛車側から▽4五歩と早目に突いて、居飛車の急戦策を封じるのも今まで 度々出てきた有力手段ですが、これにはまず▲3七桂として後手の▽4三銀を ▲4五桂を見せて封じておくのが好手で、この迎撃手も不発に終わります。 引き角に対して▽2ニ飛と言う対抗手段が執れない後手は▽4一飛、▽4四角と 軽く受け流そうとしますが、以下「図4」まで先手の指し易い形勢となります

鳥刺し戦法には軽い捌きで対抗する手段は通用しないのです。次章では後手が 事前に守備を固める変化を解説します。



Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ