対四間飛車5筋位取り[2]


Top 前の章へ 次の章へ
 前章に引き続き対四間飛車5筋位取り戦法の変化を御紹介します。

「図1」


 「図1」は前章「図2」と同一局面、後手が▽4一飛と引いた所です。

「図1」から「図2」までの手順

▲4五歩  ▽同 歩  ▲同 銀 ▽5一角
▲7九角  ▽3三桂  ▲5六銀 ▽3五歩
▲2六飛  ▽4四銀  ▲3五歩 ▽8四角
▲4二歩  ▽同 飛  ▲3四歩 ▽4八角成
▲同 金  ▽3五銀  ▲2八飛 ▽3九銀
▲3三歩成 ▽4八飛成 ▲同 飛 ▽同銀不成
▲4三と  ▽同 金  ▲8六桂 ▽6三金
▲3五角

「図2」


 「図1」からの▲4五歩に対しては▽同歩 ▲同銀に▽5一角と引くのが▽3三桂跳ねを 用意して作戦負けを避ける後手側の手段です。しかしすぐに▽3三桂から▽3五歩と反撃するのは 以下激しい応酬が続きますが▲8六桂と打つ手が厳しく「図2」まで後手が不利となります。

「図1」から「図3」までの手順

▲4五歩 ▽同 歩 ▲同 銀 ▽5一角
▲7九角 ▽6三金 ▲2四歩 ▽同 歩
▲同 角 ▽3三桂 ▲4四歩 ▽3二銀
▲3四銀 ▽4四飛 ▲3五歩 ▽3六歩

「図3」



 「図2」までの手順中で▲7九角に対して平然と▽6三金と高美濃に組み上げておくのが 意外にもこの形の最善なのです。▲2四歩から▲同角と出た瞬間に▽3三桂と跳ねます 次に▽2一飛と回られると困るので、▲5六銀と逃げる訳には行きません。勢い▲4四歩と 攻め掛かりますが、以下「図3」まで後手の指し易い局面となります。此処まで他にも変化は 有りますが▲4五歩から▲同銀と交換に行く手も、この対抗手段により先手不利となるのです。

「図1」から「図4」までの手順

▲1六歩  ▽1四歩 ▲5七銀 ▽6三金
▲6八金上 ▽7三桂

「図4」



 結局「図1」から▲4五歩と突く手自体が成立しないとなると、逆に先手が動き難い将棋と なってしまいます。「図4」以降は後手には▽5四歩や▽5一飛としてから▽5四歩そして ▽8四歩と玉形を進展させる手、また場合によっては▽1三香 ▽4ニ飛から▽1五歩と 端から攻め▲同歩なら▽1ニ飛など指す手に困りません。以上の理由で▲5七銀左型からの 5筋位取りは指されなくなりました。次章では位取り本来の押さえ込みを狙う形を御紹介します。


Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ