対四間飛車棒銀戦法[5]


Top 前の章へ 次の章へ
 本章では現在でも指されている四間飛車対棒銀の基本的な攻防を御紹介します。


「図1」


 「図1」は前章「図4」と同一局面、▲3七銀と先手が銀を引いた所です。

「図1」から「図2」までの手順

▽3三桂 ▲4六銀右 ▽4四歩 ▲同 歩
▽同 金 ▲4五歩 ▽同 桂 ▲同 銀
▽同 金 ▲3三歩 ▽4二飛 ▲3四飛
▽3五金 ▲5四飛

「図2」


 次に▲1一角成が有るので、角成りを避けつつ桂を活用する▽3三桂は有力手です。 ▲4六銀右に対して、ゆっくりした手を指していると▲2八飛から▲2四歩と飛車先を 切られて後手側の左翼は動き難い形となり不利を招くので、▽4四歩から金銀を捌きに出ますが 「図2」では3五の金が守備から離れて遊び駒になる可能性が高く先手有利な局面と言えます。

▽4四歩では他に▽4二飛や▽3六歩とする手などが有りますが、棒銀を中央に転換して 活用出来る居飛車側に不満は無い形勢となる事が多いと言えます。

「図1」から「図3」までの手順

▽4五銀 ▲1一角成 ▽3三桂 ▲3六銀
▽4四角 ▲2一馬 ▽4二飛 ▲6六銀
▽5六銀 ▲3五銀 ▽6六角 ▲同 歩
▽4七銀打 ▲2八飛

「図3」



 図1」では先手の▲4六銀右からの中央活用を阻止して、▽4五銀と銀を捌いて行く手段も有ります。 当然▲1一角成と角を成られるのは承知の上です 以下▽3三桂から▽4四角と全ての駒を活用して ▲3五銀にも▽6六角と切り▽4七銀打と強く応戦されるのが、居飛車側にとっても怖い手順なのです。

「図3」から「図4」までの手順

▽3七歩 ▲4四歩 ▽同 金 ▲4七金
▽同銀成 ▲5三銀 ▽3五金 ▲4二銀成
▽3八歩成 ▲1八飛 ▽4五桂 ▲5四馬
▽5七桂成 ▲同 金 ▽同成銀 ▲5三桂
▽7一金 ▲1一飛

「図4」

 「図3」で▽5二銀成などとするのは▲同金で後が続かないので、▽3七歩と守備力の強い 先手の飛車を攻めて来ますが▲4四歩から強く応戦して、以下「図4」まで先手玉も薄く ここまで変化も有りますが先手の一手勝ちと言える局面です。



Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ