矢倉 森下システム[2]


Top 前の章へ 次の章へ
 本章では後手が森下システムに対して攻勢に出た場合の対応を解説します。

「図1」


 「図1」は前章「図2」と同一局面、先手玉が矢倉に入城した所です。

「図1」から「図2」までの手順

▽2二玉 ▲2六歩 ▽7三銀 ▲5七銀
▽8四銀 ▲6五歩 ▽4二角 ▲6六銀右
▽7三桂 ▲2五桂 ▽2四銀 ▲4六角
▽8三飛 ▲5五歩 ▽同 歩 ▲同 角

「図2」


 後手が▽7三銀から▽8四銀と棒銀で先攻を狙って来た場合は▲5七銀から、 ▲6五歩 ▲6六銀と盛り上がり以下「図2」まで後手の動きを封じて先手有利な形勢となります。


「図3」

 「図3」は前章「図1」同一局面、森下システム基本形です。

「図3」から「図4」までの手順

▽4三金右 ▲7九玉 ▽7三銀 ▲8八玉
▽8五歩 ▲3五歩 ▽同 歩 ▲同 角
▽7五歩 ▲同 歩 ▽同 角 ▲6五歩
▽3一玉 ▲3八飛 ▽2二玉 ▲4六角
▽9二飛 ▲5七銀 ▽4二角 ▲6六銀右


「図4」

 森下システムの▲6八角に▽6四角と覗かずに早目に▽7三銀 ▽8五歩と攻勢の動きを後手が見せた場合は▲3五歩と突き、 128章で御紹介した角で歩交換をする早仕掛けで応戦します。 ▲4六角と飛車取りに出る手が有るので、すぐに▽8五銀とは出られないと言う訳なのです。 そこで後手も▽7五歩と角で7筋の歩交換に来る事になるのですが、 やはり以下▲6五歩から▲5七銀 ▲6六銀と盛り上がる手が有り、 先手有利な形勢となります。

 飛車先を突いていない分を玉側に手が掛けられるので、 後手の攻勢にも充分対応出来るのが、この戦型の特徴です。

 このように森下システムは玉を早く整備して、後手が守勢に出ても攻勢に来ても対応出来る優れたシステムで、 先手の矢倉での勝率が上回るようになり後手側を持っての矢倉は得策では無いのでは、 と言う見解もプロ間に囁かれるようになりました。 このように矢倉先手での森下システムは正にパーフェクトと見えたのですが、 実は一つだけ弱点が有ったのです。先手でありながら後手の動きを見てから、 態度を決めるのが極意のこの森下システムの唯一の弱点とは何か、以下は次章で。


Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ