矢倉 森下システム[1]


Top 前の章へ 次の章へ
 本章では森下卓九段が体系づけ、一時期矢倉は全てこの形と言うほど一世を風靡した森下システムを御紹介します。

「図1」までの手順

▲7六歩 ▽8四歩 ▲6八銀 ▽3四歩 ▲6六歩 ▽6二銀
▲5六歩 ▽5四歩 ▲4八銀 ▽4二銀 ▲5八金右 ▽3二金
▲7八金 ▽4一玉 ▲6七金右 ▽7四歩 ▲6九玉 ▽5二金
▲7七銀 ▽4四歩 ▲3六歩 ▽3三銀 ▲7九角 ▽3一角
▲6八角


「図1」


 「図1」は現代矢倉24手組みから▲6八角と上がった所ですが、 飛車側の形を決めず玉の入城準備をする、この形が森下システムの基本形です。

「図1」から「図2」までの手順

▽6四角 ▲3七桂 ▽4三金右 ▲7九玉
▽8五歩 ▲1六歩 ▽1四歩 ▲3八飛
▽3一玉 ▲8八玉

「図2」


 ▽6四角に対して▲3七銀と上がれば矢倉3七銀戦法系の将棋に戻りますが、 ここで▲3七桂と上がって銀の動向を決めないのが、この戦型の特徴です。

「図2」から「図3」までの手順

▽2二玉 ▲2六歩 ▽9四歩 ▲1七香
▽5三銀 ▲9六歩 ▽7三角 ▲4六歩
▽4二銀右 ▲4七銀


「図3」

 「図3」までが後手が▽5三銀から守勢に出た場合の森下システムの対応で、 129章で御紹介したスズメ刺し戦法の変化形と言えます。 後手の▽2二玉では▽2二銀と引き▽3三桂から▽2一玉と囲う菊水矢倉も有ります。

「図3」から「図4」までの手順

▽2四銀 ▲2五歩 ▽3三銀引 ▲1八飛
▽6二飛 ▲1五歩 ▽同 歩 ▲同 香
▽1三歩 ▲1七飛 ▽8二飛 ▲5五歩
▽同 歩 ▲4五歩 ▽同 歩 ▲3五歩


「図4」

 「図4」までは一例ですが端で一歩を手に入れ、▲5五歩から攻勢に出てまだ難解では有りますが、先手が指せる形勢と言えます。 手順中▲1七飛と上がったのは3七の桂が後手の角で取られる手を予め防いだ手です。 また▲5五歩に▽同角と取れば▲5六金と出て▽7三角に▲6五金と後手の角を苛めに行く手が有ります。 後手の守勢型も他に多数の変化が有り、例えば▲1六歩に後手が、 端を受けなければ▲1五歩と突き越し127章で御紹介した▲4六銀型からの攻撃型を選択するのが先手側の有力策です。




Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ