矢倉中飛車戦法


Top 前の章へ 次の章へ
 本章では矢倉の先手5手目を▲7七銀から▲6六歩に変える元となった後手の変化戦法、 矢倉中飛車を御紹介します。

「図1」までの手順

▲7六歩 ▽8四歩 ▲6八銀 ▽3四歩 ▲7七銀 ▽6二銀
▲5六歩 ▽5四歩 ▲4八銀 ▽4二銀 ▲5八金右 ▽3二金
▲6六歩 ▽7四歩 ▲7八金 ▽4一玉 ▲6九玉 ▽6四歩


「図1」


 以前はこの「図1」までのように矢倉の5手目は▲7七銀としていました。 これには前章の右四間飛車は使えません。▲6六歩と突いていないので6筋を争点に出来ないからです。 後手が▽5四歩と突いたのを見てから▲6六歩と突く訳です。 しかし▽6四歩と、ここで変化して来ます。

「図1」から「図2」までの手順

▲6七金右 ▽6三銀 ▲9六歩 ▽1四歩
▲1六歩 ▽5二飛 ▲5七銀 ▽3一玉


「図2」


 ▽6三銀から▽5二飛と中央に飛車を展開するのが、 後手の有力戦法となる矢倉中飛車です。

「図2」から「図3」までの手順

▲7九玉 ▽5五歩 ▲同 歩 ▽同 飛
▲5六歩 ▽5一飛 ▲2六歩 ▽5四銀
▲2五歩 ▽7三桂 ▲6八銀左 ▽6二金
▲2四歩 ▽同 歩 ▲同 飛 ▽2三歩 ▲2八飛

「図3」

 「図2」で▲7九角から玉を矢倉に入城させるのは、 「図3」の▽6二金を▽7二金に変えて▽6一飛と回り、 前章の右四間飛車に類似した攻撃態勢を組まれると、 一歩持っているので更に強烈な攻めを見舞われる事になります。 実は一時は▲6八銀左と、上がった銀を戻した「図3」で後手の攻めは受け切れていると言う事になったのですが。

「図3」から「図4」までの手順

▽6五歩 ▲同 歩 ▽8八角成 ▲同 玉
▽4四角 ▲7七角 ▽5五歩 ▲同 歩
▽同 銀 ▲5六歩 ▽6六歩 ▲5五歩
▽6七歩成 ▲同 銀 ▽6五桂


「図4」

 「図4」までの攻め筋は▲6八銀左と引く防御布陣に対して生まれた物で、 変化は有っても意外に受け難いのです。 そこで後手の中飛車を避ける意味で、矢倉での先手5手目は▲6六歩とするのが現在の定跡となっているのです。 ▲7七銀と上がって▲6八銀左と引く無駄な2手を指さず、 先に中央を厚くした上で先手は、後手の▽5二金を見てから▲7七銀と上がる訳です。




Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ