矢倉 ▲3七銀戦法


Top 前の章へ 次の章へ
 それでは本章から矢倉の本格戦法の中から代表的な物を御紹介して行きます。 分かり易いように後手側は122〜124章と同じ総矢倉に統一して見ます。

 現在の矢倉の主流になっている戦型が▲3七銀戦法と呼ばれる物です。 10〜12章で御紹介した矢倉崩しと棒銀も、その分類に入りますが後手の手順も研究されて、 前述したような形には簡単に出来なくなっているのです。

「図1」までの手順

▲7六歩 ▽8四歩 ▲6八銀 ▽3四歩 ▲6六歩 ▽6二銀
▲5六歩 ▽5四歩 ▲4八銀 ▽4二銀 ▲5八金右 ▽3二金
▲7八金 ▽4一玉 ▲6九玉 ▽5二金 ▲6七金右 ▽3三銀
▲7七銀 ▽7四歩 ▲7九角 ▽3一角 ▲3六歩 ▽4四歩
▲3七銀


「図1」


 この25手目に先手が▲3七銀と上がった形が矢倉▲3七銀戦法です。 ここまでは10〜12章でも解説した形です。

「図1」から「図2」までの手順

▽6四角 ▲6八角 ▽4三金右 ▲7九玉
▽3一玉 ▲8八玉 ▽2二玉 ▲4六銀


「図2」


 ▲3七銀に▽6四角と出るのが後手側の最善の応手です。 これで▲3五歩と突けなくなります。 もし▲3五歩と行くと▽同歩 ▲同角に▽3六歩打で銀を取られて終わりになります。 先手側の現在主流となっている戦型が「図2」の▲4六銀と上がる形なのです。 この他に▽6四角に▲6五歩と突く手などが有りますが、 あまり指される事は無くなっています。

「図2」から「図3」までの手順

▽8五歩 ▲3七桂 ▽5三銀 ▲1六歩
▽7三角 ▲1五歩 ▽9四歩 ▲9六歩
▽6四歩 ▲2六歩 ▽8四角 ▲3八飛 ▽7三桂

「図3」

 この「図3」が現在▲3七銀からの理想形です。

「図3」から「図4」までの手順

▲3五歩 ▽同 歩 ▲2五桂 ▽2四銀
▲3五銀 ▽同 銀 ▲同 角 ▽3四歩
▲6八角 ▽6五歩 ▲3三歩 ▽同 桂
▲1三桂成 ▽同 香 ▲1四歩 ▽同 香
▲同 香


「図4」

 「図3」から「図4」が、この理想形からの攻め筋で先手勝勢となります。 後手がこの理想形を許さないようにしたり、この形にさせても簡単に攻め切れないようにすると言った対策を打ち出す事によって、 激戦となるのが近代矢倉の最も主流となる攻防なのです。




Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ