相振り飛車 向かい飛車vs中飛車[1]


Top 前の章へ 次の章へ
 本章では後手側が中飛車に振る対抗型を御紹介します。

「図1」までの手順

▲7六歩 ▽3四歩 ▲6六歩 ▽5四歩 ▲6八銀 ▽5二飛
▲6七銀 ▽5五歩 ▲7七角 ▽4二銀 ▲8八飛


「図1」


 ▽5四歩から後手は中飛車に振り、先手は前章までと同じく▲8八飛と向かい飛車に振ります。

「図1」から「図2」までの手順

▽5三銀 ▲4八玉 ▽5四銀 ▲3八玉
▽4五銀 ▲6五歩 ▽6二玉 ▲5八金左
▽7二玉 ▲8六歩 ▽3三角 ▲8五歩

「図2」


 ▽5三銀から銀を中央に繰り出し速攻に来る手は、対中飛車では真っ先に気になる手段と言えますが、 ▽4五銀に▲6五歩と角道を開け8筋の歩を突き、 迎え打つ体勢を築きます。

「図2」から「図3」までの手順

▽5六歩 ▲同 歩 ▽同 銀 ▲同 銀
▽同 飛 ▲8四歩 ▽同 歩 ▲6四歩
▽同 歩 ▲8四飛 ▽8三歩 ▲6四飛
▽6三歩 ▲3三角成 ▽同 桂 ▲3四飛
▽4五桂 ▲6四歩 ▽6二銀 ▲6三歩成
▽同 銀 ▲6四歩

「図3」

 「図3」までは▽5六歩から中飛車側が攻勢に出た場合の進行例で、 手順中▲8四飛と反撃に出る所で、一旦▲5七歩と受ける手も有力で後手の飛車は引き場所が難しく先手が指しやすい形勢となります。 ▲8四歩、▲6四歩と突き捨てて捌いて行く感覚は相振り飛車独特の駒捌きで「図3」となっては先手の手勝ちは確実です。

「図1」から「図4」までの手順

▽5三銀 ▲4八玉 ▽5四銀 ▲3八玉
▽3三角 ▲5八金左 ▽6二玉 ▲8六歩
▽7二玉 ▲8五歩 ▽8二玉 ▲7五歩
▽7二銀 ▲2八玉 ▽6四歩 ▲3八銀
▽1四歩 ▲1六歩 ▽9四歩 ▲9六歩


「図4」

 急戦で攻め合うのは先手の向かい飛車の方が玉に近く得策とは言えないので、 5筋の位を生かすべく持久戦に持って行くのはどうかと言う事になります。 「図4」までは互いに自然に進めて行けば、この向かい飛車と中飛車の対抗型では最もオーソドックスな局面と言えます。 先手は対四間飛車同様に▲7五歩とこの位を取るのが重要なポイントです。以下は次章で




Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ