相振り飛車 危険な序盤[2]


Top 前の章へ 次の章へ
 前章に引き続き、相振り飛車序盤の要注意局面を御紹介します。

「図1」までの手順

▲7六歩 ▽3四歩 ▲7五歩 ▽3五歩 ▲7八飛 ▽3二飛
▲7四歩 ▽同 歩 ▲同 飛 ▽3六歩 ▲同 歩 ▽8八角成
▲同 銀 ▽5五角 ▲7七角 ▽1九角成 ▲1一角成 ▽7二香


「図1」


 先手が▲7五歩と石田流模様に出た手に▽3五歩と同じく石田流含みに対抗すると言う手も実戦例は極めて少ないのですが面白い手段です。 対して飛車先を切りに▲7四歩と行くのは「図1」まで先手不利となります。 ここでも▲2八銀または▲4八玉と右翼の整備を図るのが無難と言えます。

「図2」までの手順

▲7六歩 ▽3四歩 ▲6六歩 ▽3三角 ▲6八銀
▽2二飛 ▲6七銀 ▽2四歩 ▲7七角 ▽2五歩

「図2」


 後手側の手法として最近よく指されるようになったのが▲6六歩に▽3三角と上がり▽2二飛と向かい飛車にする戦型です。

「図2」から「図3」までの手順

▲8八飛 ▽2六歩 ▲同 歩 ▽同 飛 ▲2八銀
▽2七歩 ▲3九銀 ▽3五歩 ▲3八金 ▽2四飛
▲2八歩 ▽同歩成 ▲同 銀 ▽2六歩
「図3」

 ▽2五歩と伸ばして来た手に▲8八飛は「図3」の展開になると不利です。 ただ飛車先を切って来られた時に▲2八銀で無く▲2八飛とすれば乱戦にはなりますが相振り飛車では無くなりますから、 先手の振り飛車を阻止した事で後手としては作戦成功と言えるでしょう。

「図2」から「図4」までの手順

▲4八銀 ▽4二銀 ▲3六歩 ▽6二玉 ▲3七銀
▽7二玉 ▲2六歩 ▽同 歩 ▲同 銀 ▽5五角
▲6五歩 ▽7七角成 ▲同 桂 ▽4四角
「図4」

 後手の▽3三角から向かい飛車にする手には▲4八銀から▲3七銀と2筋を受けてから8八に回れば良いのですが、 ここで欲を出して▲2六歩とすると「図4」までいっぺんに負けになります。

 この他にも危険な局面は有りますが、一応代表的と言える相振り飛車の序盤を見て頂きました。 この戦型は飛車角が早い時期に飛び交う可能性が高いので慎重に指す必要が有り、 また逆に相手の陣形に隙が出来たのを見逃さず、咎めるようにしないとチャンスを失う事になるのです。


Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ