角換り変化戦術[2]


Top 前の章へ 次の章へ
 前章に引き続き、先手の変化戦術を見て頂きます。


「図1」


 「図1」は前章「図3」と同一局面、▽6四歩と後手が腰掛け銀模様に突いた所です。

「図1」から「図2」までの手順

▲4六歩 ▽6三銀 ▲3七桂

「図2」


 ▲4六歩と先手も腰掛け銀を志向して、▽6三銀に▲3七桂と跳ねます。 この手では▲4七銀とするのが普通ですが、いずれ跳ねる事になるので大差は無いように思えます。 しかし、

「図2」から「図3」までの手順

▽5四銀 ▲6八玉 ▽5二金 ▲2五歩
▽3三銀 ▲4五桂 ▽2二銀 ▲7一角
▽7二飛 ▲5三角成 ▽4五銀 ▲6四馬
▽3六銀 ▲3七歩
「図3」

 「図2」で▽5四銀とすると「図3」までの速攻が有って危険なのです。 この局面は後手の銀が死んでいるので結果として銀桂交換必至となり、 馬も出来ているので先手断然優勢と言えます。

「図2」から「図4」までの手順

▽4一玉 ▲6八玉 ▽5二金 ▲2五歩
▽3三銀 ▲4五桂 ▽2二銀 ▲7一角
▽7二飛 ▲5三角成 ▽4四角 ▲同 馬
▽同 歩
「図4」

 ▽5四銀を保留して固く指されると「図3」までと同じ速攻は上手く行かず、 「図4」は桂損必至で先手不利な局面です。 この攻め筋は▲5三角成が5四の銀取りに当たらないと成立しません。 しかしこの攻め筋を見せる事によって後手の手を牽制すると言うのが本当の狙いで、 ▽6五歩と位を取る手など後手側に変化される手を、 し難くして先後同型に持ち込むと言う事なのです。

 106章から本章まで御紹介した物は戦法と言うより、 相手の選択肢を減らしたり従来の定跡型に向った時、 その攻め筋を不発にさせたりと、より有利な対抗型を引いて作戦勝ちを狙う為の手段です。 特に106章の後手一手損は、早繰り銀や棒銀と言った戦法も先手の対抗策として復活させました。

 以上で角換り編を終わりますが、セカンドステップと言う事で1章からの内容をある程度理解して頂いた事を前提の内容の為、 少し難しかったのではないかと思います。 しかし初級の方にはここで端歩の重要性や一手の違いにより局面や形勢が大きく変わる事を知って頂ければと思っています。 これを知る事によりテレビ棋戦などで、プロが序盤から何をそんなに考えているのか、 少し垣間見る事が出来るのではないでしょうか。



Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ