角換り変化戦術[1]


Top 前の章へ 次の章へ
 角換り編の最後として駒組み途中で優位になろうとする変化戦術が先手後手共に有るので御紹介します。

「図1」までの手順

▲7六歩 ▽8四歩 ▲2六歩 ▽3二金 ▲7八金 ▽8五歩
▲7七角 ▽3四歩 ▲8八銀 ▽4二銀


「図1」


 (角換りパターン2)までの手順途中で先手の9手目▲8八銀に角交換せず、▽4二銀とする手が有ります。 これで角交換しなければ▽3三銀とする手を見せて、先手から交換させると言うのが狙いです。 

「図1」から「図2」までの手順

▲2二角成 ▽同 金 ▲7七銀 ▽6二銀
▲2五歩 ▽3三銀 ▲3八銀 ▽6四歩
▲2七銀 ▽6三銀 ▲2六銀 ▽1四歩
▲1六歩 ▽5二金
「図2」


 ▲2二角成 ▽同金と取った形は悪形で一見無意味な手に見えますが、 「図2」まで先手が棒銀に来た場合に端を2二の金が守っている形になり、 この局面は先手が2手損をして端攻めも無く、思わしい形勢ではありません。 これを先手が避ける事によって棒銀の選択肢を無くさせる、これが後手の真の狙いです。

「図3」までの手順

▲7六歩 ▽8四歩 ▲2六歩 ▽3二金
▲7八金 ▽8五歩 ▲7七角 ▽3四歩
▲8八銀 ▽7七角成 ▲同 銀 ▽4二銀
▲3八銀 ▽7二銀 ▲9六歩 ▽9四歩
▲1六歩 ▽1四歩 ▲3六歩 ▽6四歩
「図3」

 今度は先手側の変化戦術です。 先後同型そして後手棒銀策の解説では先手の▲4六歩から進行して行きましたが  この手で▲3六歩とすると対して後手は、早繰り銀を警戒する意味で▽6四歩が有力なのは96章で解説しました。 しかしこれを利用する手段が有るのです。

「図3」から「図4」までの手順

▲5五角 ▽3三銀 ▲6四角 ▽5二金 ▲2五歩
▽6三銀 ▲3七角 ▽5四銀 ▲4六歩 ▽4四歩
▲4七銀 ▽4五歩 ▲同 歩 ▽同 銀 ▲4六歩
▽5四銀
「図4」

 ▲5五角と打って6四の歩を取ると言うのが実戦例は少ないですが、ちょっと面白い変化です。 以下「図4」まで歩得と持ち角の対抗で先手の角が働くかどうかと言う局面です。 手順中▽6三銀と角を追う手で▽4四銀とこちらの銀が上がる手も有り、いずれも難しい将棋でしょう。 「図3」からは他にも狙いが有るので次章で御紹介します。


Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ