後手一手損角換り


Top 前の章へ 次の章へ
 後手が序盤早々、一手損して駒組みを進めると言う一見奇策と見える新手段の狙いを本章では見て頂きます。

「図1」までの手順

▲7六歩 ▽3四歩 ▲2六歩 ▽8四歩 ▲2五歩 ▽8八角成
▲同 銀 ▽2二銀 ▲7七銀 ▽3二金 ▲7八金 ▽3三銀


「図1」


 「図1」は(角換りパターン3)ですが、ここまでの手順は85章「図3」までとは違うルートになっています。 この一手損戦術を後手が志向する場合、2手目に▽3四歩とする事も多いので一例として示しました。

「図1」から「図2」までの手順

▲3八銀 ▽7二銀 ▲9六歩 ▽9四歩 ▲1六歩
▽1四歩 ▲4六歩 ▽6四歩 ▲4七銀 ▽6三銀
▲5八金 ▽5二金 ▲6八玉 ▽4二玉 ▲7九玉
▽5四銀 ▲5六銀 ▽3一玉 ▲3六歩 ▽4四歩
▲6六歩 ▽7四歩 ▲3七桂 ▽7三桂
「図2」


 「図2」は角換り腰掛け銀先後同型と似た局面ですが、後手側の飛車先が一つで止まっている所が違います。 しかしこの局面こそ後手の狙いなのです。

「図2」から「図3」までの手順

▲4五歩 ▽同 歩 ▲3五歩 ▽4四銀 ▲1五歩
▽同 歩 ▲7五歩 ▽同 歩 ▲2四歩 ▽同 歩
▲同 飛 ▽2三歩 ▲2九飛 ▽3八角 ▲2八飛
▽4九角成 ▲7四歩 ▽8五桂
「図3」

 先手が従来の腰掛け銀先後同型に対するのと同じく▲4五歩から仕掛けますが、 ▲7五歩突き捨てから▲7四歩に▽8五桂と跳ねる事が出来る為▽6三金など桂頭の防御が必要無くなるのです。 一手早く角を打ち込み▽8五桂となった「図3」では後手有利な形勢です。

「図1」から「図4」までの手順

▲3八銀 ▽7二銀 ▲6八玉 ▽6四歩 ▲2七銀
▽6三銀 ▲2六銀 ▽1四歩 ▲1六歩
「図4」

 先手の対抗策の一つとして、後手の手が更に一手遅れているのを咎めると言う意味で▲6八玉とする手が有力となります。 普通は後手側の棒銀を警戒し、この手は保留して後に回すのですが、 速攻性の棒銀には手が遅れているのでしづらいだろうと言う事なのです。 こうして▽6四歩を見て逆に▲2七銀から棒銀にするのが狙いです。 対して後手も右玉にすると言うような手も有り、角換りジャンケンは果てしなく続くのです。


Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ