角換り 主要3戦法


Top 前の章へ 次の章へ
 角換りの将棋には主として3つの戦法が有ります。

「図1」(角換りパターン1)までの手順

▲7六歩 ▽8四歩 ▲2六歩 ▽3二金 ▲2五歩 ▽8五歩
▲7七角 ▽3四歩 ▲8八銀 ▽7七角成 ▲同 銀 ▽2二銀
▲7八金 ▽3三銀


「図1」


 「図1」は(角換りパターン1)の局面です。 パターンによって手順も変わってくるので、ここまでの手順も再掲しました。

「図1」から「図2」までの手順

▲3八銀 ▽7二銀 ▲3六歩 ▽7四歩 ▲3七銀
▽7三銀 ▲4六銀 ▽6四銀 ▲1六歩 ▽9四歩
▲9六歩 ▽1四歩
「図2」


 ▲3六歩と突き3七から4六に銀を繰り出して行く手法を”早繰り銀”と呼び、 ここから▲3五歩と突き、▽同歩なら▲同銀で、次に▲2四歩で飛車先と銀の交換を狙うと言う、棒銀に類似した攻撃法をとる戦法です。 ただ「図1」の先後共に早繰り銀にする戦型は、今はあまり指される事が有りません。 「図1」までの手順中、先手の▲1六歩と後手の▽9四歩は絶対に必要な手で、 これを突いておかないと飛車先と銀を交換して2四(8六)に飛車が出た時に、 ▽1五角(▲9五角)と王手飛車取りをくいます。

「図1」から「図3」までの手順

▲3八銀 ▽7二銀 ▲2七銀 ▽7四歩 ▲2六銀
▽7三銀 ▲1五銀
「図3」

 「図3」は先手が棒銀、これまで何度も登場した戦法です。 後手が「図2」の早繰り銀を目指す対抗型で、ここから激戦が展開される定跡の一局面です。 この「図3」からは”角換り棒銀”の章で解説致します。

「図1」から「図4」までの手順

▲3八銀 ▽7二銀 ▲4六歩 ▽6四歩 ▲4七銀
▽6三銀 ▲5八金 ▽5二金 ▲3六歩 ▽7四歩
▲6八玉 ▽5四銀 ▲5六銀 ▽9四歩 ▲9六歩
▽1四歩 ▲1六歩 ▽4二玉 ▲7九玉 ▽3一玉
▲3七桂 ▽7三桂
「図4」

 「図4」が角換りの中で、最も多く指されている腰掛け銀先後同形の局面です。 以上が主として角換りで指される3戦法ですが、これらは互いにジャンケンのグー チョキ パーの関係に有り、 腰掛け銀には棒銀、棒銀には早繰り銀、早繰り銀には腰掛け銀と言う相関関係となります。 ただその形になればそれだけで有利と言う訳では無く、有力策になると言う事です。


Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ