ゴキゲン中飛車 対先手の急戦策


Top 前の章へ 次の章へ
 ゴキゲン中飛車は現在プロ間で盛んに指されており、次々に新手や新型が生まれていて、 今日の結論が明日ひっくり返るなどと言う事が実際に起こっています。 本章からその中で代表的な例を御紹介いたしますが、そう言う訳でこれらもほんの一例と思ってください。
 それでは、まず先手が急戦策に出た場合からです。

「図1」までの手順

▲7六歩 ▽3四歩 ▲2六歩 ▽5四歩 ▲2五歩 ▽5二飛
▲4八銀 ▽5五歩 ▲5八金右 ▽3三角 ▲6八玉 ▽6二玉
▲7八玉 ▽7二玉


「図1」


 74章で解説した通り、ゴキゲン中飛車基本形に▲4八銀 ▽5五歩の形で▲2四歩と飛先交換に出るのは拙いので、 ▲5八金右と中央を固めます。後手も▽3三角と上がり、以下お互いに玉を移動して「図1」となります。

「図1」から「図2」までの手順

▲6八銀 ▽4二銀 ▲3六歩 ▽5三銀 ▲3七銀
▽5四銀 ▲4六銀 ▽6五銀
「図2」


 ”位を取ったら位の確保”と言う事で▽4二銀から銀を繰り出して行きます。 対して▲6八銀と中央を補強して▲3六歩から先手が銀を4六に出たのは急戦の意思表示です。

「図2」から「図3」までの手順

▲3五歩 ▽同 歩 ▲同 銀 ▽5六歩
▲3三角成 ▽同 桂 ▲5六歩 ▽同 飛
「図3」

 「図2」の▽6五銀は先手の急戦策に対する有力手です。 ▲3五歩から速攻に出ますが▽5六歩から捌きに出て、以下「図3」となり▽5五角や▽3六飛また▽7六飛など手に困らず後手優勢の局面です。 ▲3五歩で▲4五銀でも▽5六歩と捌いて同様に後手が優勢となります。

「図2」から「図4」までの手順

▲7七銀 ▽8二玉 ▲6六歩 ▽5四銀 ▲3五歩
▽同 歩 ▲同 銀 ▽5一角 ▲2四歩 ▽3二飛
▲3四歩 ▽2四歩 ▲同 銀 ▽3四飛
▲2三銀成 ▽3九飛成
「図4」

 ▽6五銀には銀を追ってから攻めに出るのが安全と言えますが、 対して▽5一角▽3二飛と軽く迎撃するのが振り飛車の常套手段で好手順です。 以下「図4」まで、やはり後手優勢の局面となります。ゴキゲン中飛車に限らず、振り飛車は捌ける時は大きく捌き、 相手の攻めが重くて押さえ込まれそうな時は、この例のように軽く攻めをいなして捌いて行くのが指しこなすコツです。


Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ