阪田流向かい飛車戦法


Top 前の章へ 次の章へ
 映画などでも有名な阪田三吉創案と言われている”阪田流向かい飛車”を本章では見て頂く事にします。

「図1」までの手順

▲7六歩 ▽3四歩 ▲2六歩 ▽3二金 ▲2五歩 ▽3三角
▲同角成 ▽同 金 ▲3八銀 ▽2二飛

「図1」


 先手の3手目▲2六歩に▽3二金と上がる独特の立ち上がりから始まり、▲3三角成と角交換した時に▽同金と取ると言う、 普通には悪形と言える形にしてから飛車を2筋に振る。この戦法が阪田流向かい飛車です。 先手が角交換しなければ別の戦型になるので、互いに同意しての戦型と言う事が出来ます。 ▲3八銀は阪田流を想定して2筋に備えた手。

「図1」から「図2」までの手順

▲6八玉 ▽4二銀 ▲7八玉 ▽5二金 ▲8八銀
▽2四歩 ▲同 歩 ▽同 金
「図2」


 この阪田流は攻め9割と言う徹底した作戦で、居玉のまま攻勢に出ます。 ▽2四歩 ▲同歩 ▽同金と、角交換された時の3三の金を飛先逆襲に利用する。 これがこの戦法の狙いなのです。

「図2」から「図3」までの手順

▲5六角 ▽3三銀 ▲8三角成 ▽2五金
▲5六馬 ▽2六歩 ▲7七銀 ▽3五金
▲4六歩 ▽5四角
「図3」

 先手の▲5六角は▲3四角(▽同金は▲2二飛成)と▲8三角成の両狙いで、 これを同時に防ぐ手は無いので▽3三銀として角を成らせ▽2五金と進めて、以下「図3」では次の▽2七歩成が受からず後手勝勢の局面となります。

 この阪田流は力戦(定跡形のように実例が多くない形)の向かい飛車としてなかなか面白い戦法と言えます。


Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ