向かい飛車戦法[2]


Top 前の章へ 次の章へ
 本章では後手が更に積極的に攻勢に出る戦型を見て頂きます。

「図1」までの手順

▲7六歩 ▽3四歩 ▲2六歩 ▽4四歩 ▲2五歩 ▽3三角
▲4八銀 ▽2二飛 ▲6八玉 ▽4二銀 ▲7八玉 ▽4三銀
▲5八金右 ▽3二金 ▲5六歩 ▽2四歩 ▲同 歩 ▽同 飛
▲2五歩 ▽2二飛

「図1」


 前章の手順を避けるべく慎重に先手も駒組みを進めて行きます。 ▽4三銀まで、向かい飛車の基本骨格が出来上がった後▽3二金と攻撃側に左金を上がります。 玉の守備は弱体化しますが、強く攻勢をとる事が出来る戦型です。 そしてまだ居玉ですが2四歩と早々と仕掛けて行きます。飛車交換は居飛車が不利となるので▲2五歩と拒否して、 以下「図1」となります。

「図1」から「図2」までの手順

▲3六歩 ▽6二玉 ▲9六歩 ▽7二玉
▲6八銀 ▽4五歩
「図2」


 ▽3二金型の向かい飛車は非常に弾力が有り、強く飛車角の交換を迫る事が出来るのです。 ▲9六歩に▽7二玉と端も手抜きして素早く形を整え、▽4五歩と角交換を狙うのが攻勢の第二弾です。

「図2」から「図3」までの手順

▲3三角成 ▽同 桂 ▲3七桂 ▽4六歩
▲同 歩 ▽2七歩 ▲同 飛 ▽3八角
▲2六飛 ▽5六角成
「図3」

 ▲3三角成 ▽同桂で次に▽2五飛を狙います。 ▲3三角成で▲6六歩と角交換を拒否した場合は▽4四角から▽3三桂で、やはり先手の2五の歩を狙いに行く事になります。 ▽2五飛とされると飛車交換が避けられず不利となるので▲3七桂と防ぎますが、以下「図3」まで馬を作り、後手の指しやすい形勢です。


Top ページの先頭へ 前の章へ 次の章へ